アロマ活用情報

アロマテラピー効果の口コミ情報

アロマテラピー効果 はますます興味深くなり、人々の関心を集めています。

集中力が持続すれば、勉強や仕事などを効率よく進めることができますよね。また朝すっきりを目覚めたい時におすすめなのがペパーミントで、眠気と闘いながら勉強や仕事をしなければならない時にも効果的です。元気がない時ややる気の出ない時はベルガモット精油やレモン精油などの柑橘系の精油やペパーミント精油などが効果的です。また乳幼児への沐浴やマッサージとして使うのもやめておきましょう。クーラーの効きすぎや冷えによる身体のだるさには足浴法や全身浴法で汗を出すのもよいのです。日々の暮らしの中に、アロマの香りを取り入れることで、生活が豊かになるのです。

欧米においては医師のゆるしをえて服用するといった場合もあるようですが、日本人はやめといたほうがよいとされているんです。精油はとても多くの有機物がまざっているものです。何かとストレスのたまりやすい時代ともいわれている現代、アロマセラピーでリラックスして心身ともに健康ですごしていきましょう!。気持ちが高ぶったり感情が押えきれない時にはお腹に温湿布を試してみてはどうですか??温かい湿布がお腹の緊張を緩め安心感を与えてくれます。また目覚めたい時、元気を出したい時の全身浴法はいつもより熱めの湯で短時間で切り上げる事がポイントです。アロマテラピーを行うことで集中力を高めることができます。

空気中にエッセンシャルオイルの香りを漂わせる芳香浴は、アロマポットを使用するのが基本です。自宅以外でもアロマテラピーで集中力を保ちたい時には、ハンカチなどに効果的なオイルの香りをつけて持ち歩くのが良いでしょう。特に頭皮のマッサージはとても気持ちいいのでおすすめです。アロマテラピーで集中力を高めたい時には、レモンやバジル、ローズマリー、ユーカリ、オレンジなどのエッセンシャルオイルが効果的です。アロマテラピーで集中力を高め、時間を有意義に使ってみませんか。またアロマテラピーで集中力を高めるには、アロママッサージを行うのも良いでしょう。

植物と言う自然界からの産物から得られる、アロマオイルの香りを楽しみながら、心と体に与えてくれる効果と効能を、アロマテラピーとして楽しんでいきましょう。しかし集中力というのは何か気になることがあると続かなかったり、環境によってかなり左右されてしまいますよね。スイートマージョラム精油やティートリー精油、ベルガモット精油などの柑橘系の精油のブレンドも良いでしょう。マグカップなどの容器に精油を落とし蒸気で香りを広げたりアロマライトなどの専用器具で芳香浴法を楽しんでみてはどうですか??手浴法は首や肩、腕の緊張を緩める為勉強やデスクワークでのリフレッシュには最適です。精油はどれも芳香浴法やトリートメントオイルとして手首に少量塗布しても良いです。アロマポットは、容器にお湯をいれてエッセンシャルオイルを数滴おとし、下からろうそくで温めて香りを発散させるという仕組みです。


アロマテラピー効果の関連サイト・ブログを紹介します。

リラクゼーションのすすめ ?アロマテラピー ...
ほどよい香りがリラクゼーション効果を高めてくれます。湯船にたらしてアロマバスにしたり、アロマテラピー専用のアロマポットやアロマライトなども市販されているので、いろいろな使い方があります。
www.kaimin.info/part/suffer/dev05.html

アロマテラピー教室/不妊治療:おち夢クリニック名古屋 ...
植物のかおりには、様々のかおりがあり、特有の効果があります。気分リフレッシュや細菌やウイルスの活性を抑えたりして、空気を浄化する効果もあります。 そこで、当クリニックでは、カラダのリフレッシュを図る「アロマテラピー教室」をアロマコーディネーター ...
www.art-ochi.com/aroma.html

アロマテラピーの効果とはどうなんでしょうか? アロマテ ...
ベストアンサー:アロマテラピーとは、「芳香療法」いう意味で、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使って心と体の不調を改善し、美容と健康に役立てようとするものらしいです。 例えば、ラベンダーでしたら気持ちをリラックス ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/

アロマオイル事典?効果・効能・使い方をご紹介
アロマオイルの効能や効果、使い方、楽しみ方、マッサージ方法などをご紹介しています。アロマテラピーに関する疑問は、「アロマオイル事典」でお調べください。 ... 「アロマオイル」 といえば、多くの方が「やさしい香り」をイメージするのではないでしょう ...
www.aromaoils.jp

アロマテラピー
アロマテラピー効果のある香りが被毛にツヤと潤いを与えてくれます。 また植物成分配合によりノミ・ダニ予防にもなります。 ブラッシング時の摩擦を減らし、静電気をシャットアウト。ドライヤーの熱から被毛を守ります。
www7.ocn.ne.jp/~hac/aroma.htm

【楽天市場】アロマテラピー トライアルセット『花粉 ...
洗える布団専門店ウインドバード。特許取得!洗える敷布団・洗える掛け布団・洗える枕まで、ご家庭で簡単に丸洗いOK!アレルギー・防ダニ・ハウスダスト対策! ... アロマテラピー トライアルセット 『花粉シーズンセット』 【生活の木】 抗菌効果が高く ...
item.rakuten.co.jp/windowbird/try_kahun

喉の痛みに効くアロマアロマテラピー効果と精油の楽しみ方
アロマテラピー効果と精油の楽しみ方ではアロマテラピーや精油の歴史からその他あらゆるあろまてらぴーに関する知識や効果、効能などを解説しております。また全国のアロマテラピーサロンやスクールなども御 ...
aroma-egm.com/Entry/27

アロマテラピーマッサージ Keiko Nemoto
使用オイルと効果 ご予約・お問合わせ ... 木もれ日ゆれる天栄湯の温泉に心ゆくまでつかった後、アロマオイルでのマッサージ。 豊かな大自然がストレスで疲れた身体と心を開放してくれます。 自分へのご褒美にゆったりとしたくつろぎの時間を、ぜひどうぞ!
www.aroma-massage.jp

教育・生活情報雑誌V-netクロス vol17 「アロマテ ...
香りの効果を、暮らしの中で身近に利用できたら…。そんな読者のリクエストにお答えして、今回の体験は「アロマテラピー」。アロマケアスペシャリストのミニーニョ河合・真澄先生に、自宅でできる香りの活用法を教えていただきました。
www.v-net.jp/cross/vol17/health/aroma.html

アロマテラピーリラクゼーション
アロマテラピー リラクゼーション アロマテラピーの効果は、その薬草成分を吸入することにより、精神が安定 したり、成分によっては淫靡な気分になったり、その効果は絶大です。 もともとアロマは薬草です。
www31.ocn.ne.jp/~high/main.html

アロマオイル「APC」アロマテラピー講座
アロマテラピー講座と認定テストのご案内ページ ... アロマオイルの通販 (アロマテラピー・キャンドル・ポット・ランプ) 効能・効果・使い方等の専門ショッピングサイト ... ホリスティックケア講座のご案内 自然の植物たちは私たちの身体にやさしく語りかけて ...
www.apc-aroma.net/class.html



アロマテラピーの求人の口コミ情報

今まで知らなかったアロマテラピーの求人 の新事実が見つかるといいですね。

アロマセラピーの正しい知識を身につけるために、また、お客様からの信頼感を得る意味からも資格取得は必須です。さて、ここでも日本における精油の位置付けを知らなくてはなりません。ここでトリートメントを実際に行う仕事があります。時々街で見かけるアロマテラピーサロン。アロマテラピーとは何なのかから始まり、その歴史、エッセンシャルオイルについて、取り扱いにあたっての注意事項、そして嗅覚のことなど、勉強することがいくつもあります。それらの知識を基に、生徒にアロマテラピーを教える。

実際にクライアントに接して初めてアロマテラピーがどのように人に影響を与えているのかを実感できるからです。そこで必要となるのが、アロマテラピーグッズを扱うショップのスタッフです。日本におけるアロマテラピーの仕事というのは、セラピー自体(トリートメントやカウンセリング)を行うセラピストの他に、講師というのがあります。精油の特性を熟知しているのはもちろんのこと、人体の構造や機能、嗅覚等に関する生理学の知識についても正しく理解していることが求められます。アロマの資格を取得して正しい知識を身につけた後は、トリートメント講座でボディケアやフェイシャルなどの手技を学んでから、アロマセラピストとして就職、開業するのが一般的です。それが本来の姿と言えましょう。

ストレス社会といわれる現在、リラクゼーションへの関心は高まり、アロマセラピストの活躍の場は、専門のアロマトリートメントサロンだけでなく、ホテルやスポーツクラブ、温浴施設など、ますます広がりを見せています。外国では、国が資格として認めているところもありますが、日本ではアロマセラピスのお仕事アロマセラピストには国家資格、公的資格などはありませんが、人に対してアドバイスや施術をする上で、あやふやな知識や技術ではいけません。医薬品でもなければ、化粧品でもないわけです。アロマテラピーというのはれっきとしたセラピーです。アロマテラピーを勉強すればわかることですが、精油は取り扱いを間違えれば危険です。こういう仕事をする人をアロマセラピストといいます。

アロマセラピストとは、精油(エッセンシャルオイル)を利用する際に的確なアドバイスをしたり、様々な種類の精油をブレンドしたアロマオイルを用いてトリートメントをするお仕事です。アロマテラピーの先生ですね。アロマトリートメントを行っていればそういう機会が多いものです。特に臨床セラピストが講師であれば、生きた現場の声が聞けます。精油の特性を幅広く理解し、人体への影響の仕組み、脳や嗅覚等に関する生理学の知識についても正確に把握していることが要求されます。日本では精油は天然香料扱いです。



アロマテラピーについて

ブラゴダラム!(マケドニア語でありがとうの意味です)。

古くから香りと私たちの心には密接な関係があることが分かっているのでアロマテラピーが確立されていったのでしょう。日々の癒しだけでなく病気の治療にも効果があることが分かっているのでかなり奥が深いことが分かります。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。


心も身体も癒されリフレッシュできるでしょう。精油(エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。しかしアロマテラピーのルーツはとても古く紀元前2000年頃にはこれに似た療法があったことも分かっています。アロマテラピーは身体に対する一種の化学反応になります。特に呼吸器系の病気にはかなりの効果があることが確認されているので興味のある方は一度試してみるとよいでしょう。


フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。香りを鼻から吸い込むことで呼吸器に働きかけ、またマッサージなどで毛穴から精油を取り込むことで身体全体にその効果をまんえんさせることが出来るのです。日本においても源氏物語の時代から臭いをモチーフにした独特の世界があった事がわかっています。アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは植物から取られるものが多いためその種類は何万種類に及ぶとも言われています。


Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語。医療的なアロマテラピーは、精油を使用したものに限定される。日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いもの。目に見える効果ではないのでこの療法が確立されたのは最近のことになります。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。



アロマテラピーの情報

今まで知らなかったアロマテラピーの新事実が見つかるといいですね。

アロマテラピーで使うのは植物の香りです。とかいつものようにアロマランプを付けてみたら「今日はこの香りが鼻に触って、すぐに香りを変えてしまった」とか実はこういうことは良くある話です。アドバイスを受けながら、自分が心地よい、好きと感じる香りを素直に選ぶことが一番大切です。いい香りを嗅いで、なんだかいい気分になったり、逆に嫌いな香りを不意に嗅いで、ため息が出てしまうことって日常生活でもあります。香りを楽しむことはリラクゼーションやリフレッシュであり、その成分に含まれる作用は心身のバランスを整えてより健康に過ごすに手助けをしてくれます。体と心は本能的に欲しい香りを求めます。

体調や精神のバランスは日々変わりますから、合う香りも日々変わることはおかしいことではありません。仕事で忙しい時でも、ティッシュに1滴好きな精油を染ませて机に置いておくだけで、効率が上がったり、ミスが減るというデータもあります。このような作用を利用して、毎日を豊かに、健康的に過ごそうという療法がアロマテラピーなのです。それぞれの精油にはそれぞれの効果があって本ばかり見て、コレだからコレと決め付けて、成分の丸暗記で使うよりも本能的に欲しい香りを見つけることが効果を実感できる一番の近道です。そして癒された心は、優しい気持ちとなって子供たちにも笑顔をもたらします。例えば、小さな子供を抱えて毎日忙しく世話をするママが疲れて気分転換にタバコを一服するより、一滴のアロマオイルをアロマランプに灯すほうが健康的にも、精神的にも、同じ短時間でも落ち着けることでしょう。

心が豊かになれば、自分だけでなく、自分を取り囲む人たちへの応対もおおらかになります。アロマテラピーの目的は、リラクセーションやリフレッシュに役立てる、美と健康を増進する、身体や精神の恒常性の維持と促進を図る、身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す、などがあります。香りが心に届ける効果は大きなものです。人が勧めても、自分が心地よく感じなければ効果が大きく薄れてしまいます。逆に、後からその精油の成分を調べてみると、その時の自分の体調にズバリと的中することもあって驚かされます。香りというのはどこか私たちの体に作用しているということはこのことからも感じられます。

話を聞かないのが正しいということではありません。その香りは人間に色々と働きかけ、そして効果という形で恵みをもたらしてくれます。例えば、お店に精油を見に行って「今はこの香りが欲しいのだけど、先週は全くいい香りと思わなかった」。植物がもたらす恵みを、体感できるのもアロマテラピーの魅力です。アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。



エッセンシャルオイルについて

エッセンシャルオイルといっても植物精油のものから化学的に合成したものまで色々あります。エッセンシャルオイルの香りをただ楽しむ目的でどちらでも良いでしょう。しかしアロマセラピーなど植物の効能、効果を期待するのであれば購入の時にどうしても注意が必要です。ポプリオイルやフレグランスオイルは合成オイルでエッセンシャルオイル(精油)とはまったく別物です。エッセンシャルオイルの効能、効果はありません。

エッセンシャルオイルの効果・効能を期待するのであれば、信頼できるメーカーのエッセンシャルオイルを選べば安心できると思います。

エッセンシャルオイルは同じメーカー内でも、種類によって数千円から一万円以上するものまで幅があります。この場合は植物抽出のコストによって価格が変わるためで高いから効果があるとはいえないでしょう。香りにより効能、効果は様々です。

選ぶ基準の目安ですが、まず100%天然のエッセンシャルオイルであること。
100%ピュアまたは100%ナチュラルなどの表示があるかどうかを確認する。それ以外の合成添加物が入っていたりすると、肌を傷めたり、気分が悪くなったりして逆効果になる恐れがあります。次に日光に当たると変質しやすいので、褐色のガラス瓶に入っていること。そして最後に他社と比較して、値段が著しく安くないものであることです。



アロマテラピーが効果的、足の臭い

足の臭いにお悩みの方は男女を問わずたくさんいると思います。
足の臭い解消にはアロマテラピーが効果的です。

特に精油による足浴をおすすめします。
市販されているアロマテラピー用の精油がありますので、1~2種類買ってみて下さい。ラベンダー、ティーツリー、ユーカリ、ペパーミント、サイプレスなどがお勧めです。

そして購入の際には、必ず100%のエッセンシャルオイルと明記されているものを選んで下さい。それ以外のものは、身体に直接使用するには向きませんし、効果も薄くなります。

足浴の方法としては、洗面器にお湯をはり、精油を3滴までたらしてよくかきまぜてから、足首まで10~20分程ゆっくりつかってください。

中には刺激の強い精油もありますので、必ず適量を守り、ぴりぴりしたらすぐに洗い流し、次回からは使用を避けるか、量を減らすようにしてください。

精油はいろいろな種類を混ぜてブレンドしても構いませんが、必ず合計3滴に留めて、香りが飛んでしまったからといって足したりしないようにしてください。熱いお湯を足すか、お湯を捨てて最初からやり直した方が安全です。血行もよくなり、むくみも取りやすくなります。

ラベンダー、ティーツリー、ユーカリ、ペパーミント、サイプレスなどは、殺菌力に優れていますので、重曹に精油を数滴たらしてよく混ぜ、履かなくなった靴下や巾着袋に入れて口をしばり靴の中に入れておくと、靴の乾燥と殺菌に役立ちます。

また、お洗濯のすすぎの時に1,2滴加えるとよい香りとともに殺菌効果もありますのでよいと思います。

出来ればお店で直接匂いをかいで、お好きなものを選んでください。



ペットにアロマってどうなの?

近年、犬や猫、その他の小動物などをペットやコンパニオンアニマルとして大切に育て、共に生きる人が多くなり、専用のアロマテラピー商品も登場しています。

自分のペットに自己責任としてアロマテラピーを行なうのは獣医師法違反にはありませんが、
人間のひとりよがりな考えで利用することは賛成できません。

一般に動物は人間より臭覚が鋭く、人間とは異なる香りの好みを持っているといわれています。

特に犬は臭覚が大変鋭く、また腐臭に近いような、人間が嫌がるようなにおいを好みます。

精油や香水などの香りをかがされることは、犬にとっては拷問に近い行為であるとさえいわれています。

よかれと思って利用した香りがかえってストレスになることもあるので、その動物の習性をよく理解したうえで、適切にアロマテラピーを活用していきましょう。



ホルモンバランスの乱れにアロマテラピー!?

以前あるTV番組で女性ホルモンについて特集していました。その番組では女性ホルモンの分泌に「アロマテラピー」がいいといっていました。

ある番組で特集していたのはホルモンバランスについてでしたが、現代女性はホルモンバランスが乱れている方が非常に多いらしく、その影響で様々な不調が体に影響してしまっている方も少なくないのだそうです。私のまわりでも月経前症候群や生理不順、生理前のイライラを訴える方が非常に多いです。しかもホルモンバランスが崩れると、若くても更年期に近い症状が出たり、肌などにも影響が出てきてしまいます。

ちなみにある番組では、ホルモンバランスの乱れにはアロマテラピーが有効と
言っていましたが、アロマテラピーを学んでいる方にとっては、「当たり前」のことと思っている項目でもあります。

100%ピュア精油クラリセージ1.5ml【aromaremedyハーブ館】番組ではイランイラン10mlクラリーセージ10mlゼラニウム10mlが、特に「ホルモンバランスを整えてくれます」と紹介していましたが、その他、女性に嬉しい働きをしてくれる精油は、花から取れる物がオススメでしょう。

ローズ5mlネロリ5mlジャスミン5mlの精油なども、ホルモンバランスや婦人科系に作用して、女性らしさを引き出してくれるといわれています。しかし花から取れる精油は、量が少なく手間がかかる為、お値段が高いというのがちょっと問題ですね。

自分が心地よいと思う香りが「その人にとって」一番効果がある精油だと思います。お好みの精油で、リラックスすることによってホルモンバランスのケアをするのがいいかもしれません。

しかしここで注意が必要なのは、いずれの精油もホルモンに関わる作用がある為、妊娠中の方は使用出来ませんので!



アロマ芳香器買うときのポイント

近年アロマテラピーに関心を持つ方が増えているようです。
アロマの香りを楽しむために芳香器の購入を考えているような方も多くなりましたが、エッセンシャルオイルだけを使用するものと水とエッセンシャルオイルをあわせて拡散する物と迷う方も多いのではないでしょうか。

もちろん芳香器といっても色々な種類があります。よくある一般的なアロマライトアロマポットを使うものでは、水を使用するものとしないものはそれほど大きな違いはないようです。多少、エッセンシャルオイルだけのもののほうが、香りが強く広がると思いますが、水使用の場合はオイルを落した部分の汚れがつきにくいことはありますが、エタノールで拭き取れば、オイルだけのものでも問題なくすぐ取れます。

使う方の好みもあると思いますので、自分が気に入ったデザインの芳香器を選ばれたらいいと思います。

イルミネーション&アロマディフューザー「アロマ・デ・ライト」【フジックス】またディフューザーであれば、エッセンシャルオイルの粒子を拡散させる芳香器なので、あたためて香りを広げる電気式、ロウソク式より香りが広がりやすいのも確かですし、広い部屋での使用ならディフューザーがいいでしょう。

ロウソクを使うアロマポットは予算的には購入しやすいといえますが、以前火災事故が起きて問題になったこともあり、使用するときは注意が必要でしょう。



アロマテラピーで芳香浴を楽しむ

アロマテラピー 芳香浴芳香浴とは、香りを浴びるという意味になります。
精油を使って自分の空間を気持ちよく整えて、香りを楽しむことによって心身のバランスをよりよくしてみませんか。

◆ハンカチなどを使って

ハンカチなどに精油を染み込ませて持ち歩いたり、机や枕元に置いて香りを楽しむ方法です。精油をつけた部分に直接肌が触れないように注意してください。また濃い色の精油は、ハンカチにシミができることもあるので注意しましょう!

◆芳香拡散器を使って

芳香拡散器とは、熱や空気で精油を香らせるものです。ご使用の際には、必ず取扱説明書をよく読んでから使用してください。

→キャンドル式芳香拡散器
アロマポット、オイルバーナー、オイルウォーマーなど、上皿に精油をたらし、キャンドルに火をつけて温める方式のものが一般的です。精油は引火しやすいので、次の点には注意してください。

・熱に弱い樹脂加工のテーブルやオーディオ機器の上に置かないでください。
・風のこない安定したところで、子供やペットの手の届かないところに置いてください。
・火のそばに精油の容器や燃えやすいものを置かないでください。
・使用中はそばを離れないでください。
・就寝時は必ず火を消してください。
・専用のキャンドルを使い、空焚きしないように注意してください。

→電気式芳香拡散器
部屋のムード作りに効果のあるアロマライトや電球にはめるアロマリングなど、ライトの熱で精油を温めて使うものです。ディフューザーは、精油の香りを電気式のエアーポンプで空気中に拡散させる器具で、広い空間に使用するのに効果的です。



涼しさを感じることができるアロマボディパウダー

汗を抑えたい時や風呂あがりに、コットンやスポンジなどにパウダーをつけていくと、べとべとした肌をさっぱりとさせてくれます。さらに、冷蔵庫を冷やしておくと、より冷たい感覚が味わえます。

涼しさを感じることができるアロマボディパウダー

◆材料
コーンスターチ(またはカオリン)大さじ3杯、精油2滴

◆作り方
コーンスターチ(またはカオリン)に精油を混ぜます。

・ペパーミントが冷却感をもたらしてくれてすっきりする香り
精油)ペパーミント1滴、ティートリー1滴

・抗菌力が期待できる森林の香り
精油)ユーカリ1滴、コパイバ1滴

・抗菌力が期待できる華やかな香り
精油)月桃1滴、パルマローザ1滴



涼感を演出するアロマバスソルト

アロマバスソルト立秋も過ぎたというのに、暑い日々が続いています。
暑い季節は入浴よりもシャワーで済ませてしまう方が多いですが、
爽やかな香りを使うと入浴も心地良いものです。

ペパーミント精油を浴槽に入れると
(全身浴5滴以下・半身浴、部分浴3滴以下)、
ヒンヤリした感覚が漂い、お風呂から上がっても身体は温かいのですが、
涼しい清涼感が残ります。

暑い夏には最適ですが、
その他、塩や重曹などに精油を混ぜて、ハーブもブレンドすると、
見る楽しさが加わりオススメです。

また香りと感触だけでなく、
お湯に清涼感のある色を入れると、涼しい気持ちにもなれます。
ハーブティーをつくるように、ウスベニアオイを濃く浸透させて、
お風呂に入れると、鮮やかなブルーが涼しさを演出できます。
浸出時間が長いと色が変わりますので、
お好みに合わせて調節してみてください。



寝苦しい夏に役立つ、アロマセラピー活用

暑い夜、焼酎やビールを飲んでベッドに入る人がいます。
酒は熟睡を助けるかもしれないが、効果はあくまでも一時的なものになります。
酒を飲めば、のどが渇いて用を足したくなり、睡眠の間に頻繁に起こされることにもなります。

熱帯夜を避けるためにホラー映画を見るのもいい方法ではありません。
怖い場面を見ると、交感神経が興奮して汗が出ます。
その汗が蒸発しながら体の熱を奪っていくので、ひんやりとした感じがするのは事実ですが、
興奮した交感神経を落ち着かせるのに相当時間がかかり、なかなか熟睡できなくなります。

扇風機やエアコンをつけておけば、体温は下がりますが、全体の睡眠過程から見れば、望ましくありません。体温が下がれば、われわれの体は再び体温を維持するために筋肉を収縮させ、栄養分を燃焼させます。このような活動が寝ている間に行われるので、熟睡はできなくなります。

床につく前にエアコンを1~2時間つけて、室内の気温を下げてから寝るのもいい方法です。
寝入った後は、1時間以内に運転が止まるように時間を調整しておくとよいでしょう。

熟睡を手助けするにはアロマセラピーを取り入れるのはいい方法です。
カモミールやラベンダー、ネロリのオイルの香りが役に立ちます。
湯の入った器にアロマオイルを2~3滴入れてから、香りを吸い込む。
湯船に5~10滴落として、全身をつけるのもいい方法です。
逆にペパーミントやジャスミンの香りは、かえって覚醒の効果があるので避けるべきでしょう。



蒸し暑い夏。涼しさを感じることができる涼感アロマテラピー

蒸し暑い夏、涼しさを感じることのできるアロマの精油で、芳香拡散器(アロマポットなど)を利用した芳香欲は涼しさを演出する方法のひとつです。
しかし水分を含んだアロマスプレーのほうが、よりひんやりとした涼感を演出しやすいでしょう。冷蔵庫で冷やしたアロマスプレーを使用すると、さらに涼しい感じをアップすることができます。部屋や玄関、社内などの空間にはおすすめの方法です。
また入浴する前に、浴室にアロマスプレーをしておくと、浴室が心地よい香りに包まれて、蒸し暑い浴室も涼しい感じに変えてくれます。

涼しさを感じさせてくれる、アロマスプレー

・材料
無水エタノール5ml、精製水45ml、精油10滴

・作り方
無水エタノールに精油を入れてかき混ぜ、精製水を追加し、全体を混ぜる。

①爽やかな大地をイメージするようなスモーキーな香り
(疲れているときに地に足をつけてエネルギーを高める)
(精油)レモングラス3滴、べチバー2滴、パルマローザ5滴

②すっきりとしたハーブの香りを楽しむ
(暑くてやる気のないときに集中力を高める)
(精油)ペパーミント4滴、ティートリー3滴、ユーカリ3滴

③フルーティーさが漂う香り
(暑さで血圧が高くなりがちな体を整えていく)
(精油)スィートオレンジ3滴、グレープフルーツ3滴、イランイラン4滴

④花が咲いている森林を思わせる香り
(免疫力や生命力を高めていく)
(精油)ローズウッド3滴、コパイバ4滴、ユーカリ3滴

⑤華やかでフルーティな香り
(暑くて食欲が無いときにおすすめ)
(精油)ゼラニウム4滴、グレープフルーツ4滴、レモン2滴

(注意)
スプレーするときは、目に入らないように気をつけてください。つくったスプレーは3週間以内に使い切りましょう。