アロマスクールで資格取得!

アロマテラピーに関する資格は日本の資格でも海外の資格でも、民間の団体が認定した資格となります。スクールによって取れる資格が異なります。事前にどの団体の資格が自分の考えや将来設計に合っているか、検討する必要があります。
以下に日本における、アロマの活動団体を記しますので参考にしてください。


◆ITEC(International Therapy Examination Council Limited) 国際セラピー試験評議会
ITEC(アイテック)とはイギリスに本部がある国際的なライセンス機関のことです。国際的な教育基準に基づいてアロマセラピーなどの資格試験を行っている、特にヨーロッパにおいては歴史も古く知名度も高い機関となっています。

IFPA(The International Federation of Professional Aromatherapists)
IFPAとはイギリス最大のアロマセラピスト協会です。アロマセラピストの育成と普及活動を行っています。2002年4月、RQA、IFA、そしてISPAの3つのアロマセラピスト協会を統合して生まれました。IFPAの会員としてのライセンスを持つことは、国際的に高レベルの技術を持つ証となるといわれています。
IFPAの資格を取るためには、IFPA認定校でアロマセラピーについての講義を受講しなければなりません。全日程を終了すると、IFPA認定試験の受験資格が与えられます。そしてその試験に合格すると資格がもらえるということになります。

JAA(日本アロマコーディネーター協会)
日本にアロマセラピーやアーユルヴェーダを普及するために発足した日本のアロマ教育機関です。ライセンス(資格)取得のためには指定校で指定のカリキュラムを受講する必要があります。それぞれのライセンスで取得までの流れが異なります。
 
>>アロマコーディネーターライセンス
>>アロマハンドリラックス(AHR)ライセンス
>>アロマ・フェイシャル・リラックス(AFR)ライセンス
>>インストラクターライセンス
>>チャイルド・ケアライセンス
詳しくはこちらで確認してください


NARD JAPAN(ナードアロマテラピー協会)
ベルギーで設立された研究機関。アロマテラピーが日本及び各国において健全に評価され普及していくことを目的として活動している団体となります。資格取得のためには指定校にて指定のカリキュラムを受講する必要があります。
 
>>アロマ・アドバイザー
>>アロマ・インストラクター
>>アロマ・トレーナー
>>アロマセラピスト
>>アロマセラピスト・トレーナー
詳しくはこちらで確認してください

AEAJ(社団法人日本アロマ環境協会)
アロマテラピーの健全な発展および、自然な香りのある心地よい環境づくりを目指して、発足した団体です。アロマセラピーの資格は独学でも取得できるが、認定校での一定のカリキュラムの受講をすることによって、2次試験(筆記)の免除が受けられます。合格率も30~40%くらいですので、認定校に通うことによる2次試験免除およびテスト前講習が充実したスクールを選んだほうが得策です。

>>アロマテラピーアドバイザー
>>アロマテラピーインストラクター
>>アロマセラピスト

詳しくはこちらで確認してください